快晴の元いよいよ建物が姿を現します。
これから何十年も私たちを守ってくれるでしょう。
大切に組み上げます。