優設計事務所 トップページへ
  外壁は聚楽仕上げのしっとりとした塗り壁、屋根は大屋根造りに変質の少ないコンクリート瓦を使っています。
奥には、一段高い場所に4.5畳の和室があります。ここは腰を下ろしてくつろぐのに丁度良い高さであり、洞穴的な面白さがあって休憩場所としての機能を持っています。
手前には、蓋つきの炉を切った座卓囲炉裏を置いて火を囲む楽しさを味わえる場所を作り出しています。

楠の一枚板で、掘り式のダイニングテーブルから奥のカウンターまで一体化しました。
床は続いていますが、丸柱が手前と奥の空間の意味合いを分けています。

お手持ちの絵画を飾る空間を設計段階から盛り込みました。
広めにとった廊下の壁に予めピクチャーレールを埋め込んでいます。

階段の下も収納スペースとして有効活用しました。
裏側は玄関で、シューズラックになっています。

和室の下は奥行き900mmの引き出し収納を3個確保しました。
ここはお子さんのおもちゃ箱になっています。
遊ぶ場所の近くにこんなに大容量のおもちゃ箱があると小さいときから自分で片づける習慣がついてくるようです。
湯船以外はほとんどヒノキで覆われた浴室。

窓は、換気用のジャロジー窓2つ(写真奥と手前の右側) と、専用の箱庭を眺められるフィックスの透明ガラス窓が入っています。
窓に目隠しはなく、外の箱庭の塀がその役目をしていますのでとても開放的で自然に囲まれた心地よさを体感できるお風呂です。
これは、ダイニングの窓の高さ(1.2m)に合わせて特注した引き出し式の食器箪笥です。
塗料は柿渋を使っていますので、床の杉板と同様年が経つほどに渋みを増してきます。
コンパクトですが、引き出しの奥までスムーズに出し入れできるので収納効率と使い勝手の良い食器箪笥になっています。
制作は、家具工房「幸一郎」(座卓囲炉裏も)です。
トイレの手洗い鉢は綾町の陶芸家による手作り品で、このトイレに合わせていくつか制作した中から選びました。
壁の珪藻土には、わらの繊維が見える荒目の落ち着いた色合いのものを使っています。手洗い鉢の風合いと見事にマッチしており、トイレに入るとほのかにわら独特の日向(ひなた)の香りがします。
また、トイレにはコンパクトな男性用小便器があります。ふた付きなので便座に座っていても気になりませんし何より機能的です。