優設計事務所 トップページへ

  無駄のないすっきりと落ち着いた佇まいに、趣のある雑木林風のアプローチが似合います。

段差を低くしながら隙間を目隠しに生かした玄関

縁なしの半畳を縦横に組み合わせて市松模様を見せる小粋な和室 存在感のある楠の一枚板がキッチンとダイニングをつなぐ家の中心部
玄関にはおもてなしのしゃれた飾り棚。住む人のセンスが生きる小さな空間です
1階の中心には明かり採りの吹き抜け。この小さな開口部が家の空間を一体化する 玄関を入るとすぐに気持ちの良い杉板のホール。直接座ってお茶もよし、寝っ転がってもよし
和室とホール(居間)とキッチンに囲まれたテラス。雨をしのぐ最小限の庇で外を楽しめる場所
吹き抜けの下にはこんな物が?・これはご主人のこだわり、囲炉裏のふた。冬は炭火を囲んでしみじみと一杯 これは、奥様のこだわり。作りつけの食器棚に設けられた飾り棚。遊び心を生かせるスペース