優設計事務所 トップページへ
 
玄関の引き戸には、透明ガラスが入っています。
木製の戸に玄関先のみどりが映り込み、美しさを際だたせてくれます。
また、ときにはオープンにすることが防犯の意味を持つことにもなります。

ちょっとした玄関先の空間をみどりに囲まれたアプローチに演出してみました。
厚い杉板の床、珪藻土の壁、堀式テーブル、丸柱、いろり・・・
ここはリビングであり、ダイニングであり、キッチンであり、ゲストルームでもあります。
家族や友人が集う空間をひとつにしました。

杉材の梁もこれだけの厚みがあれば強靱です。
居間の天井は光がふんだんに入る吹き抜けです。この空間のおかげでいろりの煙がいい具合に分散されます。

家族がいつも集う空間に存在する階段の上がり口。
家の中での移動も外への移動も全てこの部屋を経由する動線になっています。
家族が一日に必ず一度は顔を合わせることが出来る家。

キッチンと一体化したダイニングテーブル。
キッチンの床はテーブルに座った人との目線が合うように一段低くなっています。
キッチンに立つと部屋の全てが見渡せます。